Dr.BLOG山本院長ドクターブログ

できるだけ早くインプラント治療

抜歯と同時にインプラントを埋入

 

こんにちは、富山県高岡市のインプラント歯医者、やまもと歯科インプラント室の山本です。

歯科インプラント治療は、歯を削って小さくして、その上に人工歯をかぶせるブリッジによる治療のように、歯を削って、型をとって、歯科技工士が人工歯を作るような治療の感覚では、できません。

 

まずは、感染した使い物にならなくなった天然歯を抜いて、その抜いた傷口が治り、抜いた歯の空間に、骨がつくられるまでの2〜3ヶ月待った後で、歯科インプラントを骨の中に入れるということが普通におこなわれています。

また、歯科インプラントを顎の骨に入れた後、そのインプラントが骨と顕微鏡レベルで接着するまで、2〜6ヶ月待つということも普通のようにおこなわれています。

しかしこれでは、あまりにも長すぎます。

そこで歯科インプラント界では、色々な工夫がためされ、

最少限度の期間でインプラント治療がおわる方法が、日々開発されています。

 

まずは、抜歯と同時に歯科インプラントを顎の骨に埋入する方法が開発されています。

 

この方法のポイントは、いかにして、ダメになった歯とその周りの感染した部分を取り除くかということです。

以前は、感染した歯とそのまわりの感染した膿瘍部、や粘膜などは、あごの骨と複雑に絡み合っているので、完全に取り除くのは、無理だと考えられていました。

しかし、この問題は意外と簡単に解決することが、わかりました。

 

それは、インプラントを入れる穴をあけるドリルではなく、普通の、虫歯の治療の際に歯をけずるドリルで、高速回転で、ダイヤモンドを吹き付けたドリルで、感染した膿瘍の外側の骨と接触する壁を、わずかにその顎の骨に接触させて柔らかい膿瘍の壁ごとからみとると、短時間で、取り残しなくきれいになるということがわかり、感染していた部位をきれいにして、そこにすぐに歯科インプラントを埋入することができるようになりました。

そして、こうしてインプラントを埋入した場合、従来通りの方法でインプラントを埋入するのとくらべると、

抜歯した後、その抜歯した後の空間に骨ができてくるのをまたなくてもいいのに加えて

 

顎の骨とインプラントとの結合が早期に行われるという結果となりました。

 

これは、抜歯をした直後は、抜歯した空間には、造骨細胞(骨をつくる細胞)が多くあることからだと考えられています。

私の今までのインプラント歯医者としての経験からも、この方法でインプラント治療をおこなうと、成功率がとてもたかく、治療期間もとても短くなるという実感をもっています。