Dr.BLOG山本院長ドクターブログ

歯科英語

インプラント歯医者と日本人独特な英語

こんにちは、富山県高岡市のインプラント歯医者、やまもと歯科インプラント室の山本です。

日本人の歯医者全般的に、インプラント歯医者もふくめて、大体は、独特な英語を使います

医者や、薬剤師の使う英語はどうか、私はどうなのか分かりませんが。

インプラントの勉強会や、講演会、学会で、演者の講演でも、書き言葉の英語でも、日本人特有の英語が、よくあります。

インプラントの患者さんの性別を言う時、英語のネーティブスピーカーは、大体は、gender(ジェンダー性別)という単語をえらびます。日本人の歯医者、インプラント歯医者は、もっと直接な言葉を選びます。

私が、山口県で歯医者をしている時、英語を習っていました。そのときの、アメリカ人の英語のネーティブの先生は、男か女かの性別、性を表すときも、簡単で、だれでも知っている単語はありますが、あまりにも、露骨で、直接すぎるため、英語のネーティブスピーカーはその単語を使うのに、躊躇すてしまいますし、恥ずかしく思ってしまうと言ってました。

その結果その単語をつかわず、日本の大学受験英語では習わないgender(中立的な語感で性別という意味)と言う単語を使うと言っていました。

私はインプラントの講演会、学会に出ることもおおいですが、多くの日本人のインプラント歯医者は、直接な性を意味する単語を性別を言うときに使っています。

私も、山口県での歯医者時代は、遊ぶ友達がほぼアメリカ人、英語のネーティブスピーカーと言う環境だったためか、その感覚が身に付いてしまい、その単語を、格式高いインプラントの講演会で、であうたびに、恥ずかしく、顔を一人意味もなく赤らめてしまっています。

 

インプラントの学会、講演会で、時々出てくる、日本人のインプラント歯医者独特な言い方に、例えば、患者さんは、「50歳の男性」ということを表現したいときは、日本の多くのインプラント歯医者は、「50 years old male」という表現をします。これは、かなり細かいことですが、日本の高校英語の文法でも、アウトな表現で、名詞の形容詞的な用法の場合は、複数形にしてはならず単数にする必要があります。つまり「50 year old ,,,,,,,」が正解となり、yearsではなくyearとなります。

インプラントの格式高い(と言われている、言っている)講演会、学会でも、英語にかんしては、あまり気にしないこいがおおいです。

確かに、インプラント治療の本質ではないので、どうでもいいことですが、

英語に興味がある私としては、これらの表現が出るたび、集中力が途切れてしまっています。