Dr.BLOG山本院長ドクターブログ

インプラントと超音波骨折治療器

インプラント歯科医院で、一世を風靡すしたものに超音波骨折治療器というのがあります。

これは、もともとは、骨折した部位に、特殊な超音波を当てて、骨折のなおりを早くさせるような効果があります。

インプラント歯科業界では、15年近く前にすごくはやりました。

我々の世代のおじさんたちにとっては、以前、イングランドのプロサッカー選手のベッカムが、あしの指だったか、かかとだったかわすれましたが、骨折した時に、この超音波骨折治療器で、治療をして、驚異的な速さで、試合に戻ってきたことを、覚えているかたも多いとおもいます。

この時に使用したのが、この、著しく骨折の回復を早める超音波骨折治療器で、それを歯科インプラント治療に応用して、インプラントと顎の骨を、早くくっつかせる(オステオインテグレーションさせる)ことが、流行った時期がありました。もう15年近く前だったような気がします。

インプラント歯科医師の間で、この骨折治療器は、最近あまり話題にも、上らなくなってしまっています。

これは、多分、あまり目新しさがなくなったのと、インプラント歯科治療を、行う歯科医師が、ある意味二局化して、インプラント歯科治療を積極的にするところと、ほとんどしないところに分かれてきて、全体としては、インプラント歯科治療を行う歯科医師が減ったからでないかと私は、勝手に解釈しています。

また、この超音波骨折治療器を売る会社も、インプラント歯科業界に、興味をなくしたのではないかと思っています。

現在では、日本でも、超音波骨折治療器が、整形外科において、一定の条件があるのかもしれませんが、保険適用となったと聞いています。この、超音波骨折治療器を販売する会社にとっては、この整形外科における市場(マーケット)がとても大きく、インプラント歯科業界なんか市場(マーケット)が小さくて相手にできないという感じなのではないでしょうか?

真相は、私も、よく把握できていません。

この超音波骨折治療器を使うと、インプラントと顎の骨がくっつく(オステオインテグレーションする)のに、4分の1ぐらいの期間早くなる、つまり、短縮できるといわれています。

また、なかなか、インプラントが、顎の骨にくっつかない場合(オステオインテグレーションしない場合)この超音波骨折治療器で刺激をすると、くっつきやすい(オステオインテグレーションしやすい)といわれています。

以上のことから、使用するインプラントの種類、埋入したインプラントの周辺環境にもよりますが、場合によっては、インプラント歯科治療においては、この超音波骨折治療器はかなり有効に働きます。