Dr.BLOG山本院長ドクターブログ

インプラントとレーザー治療

歯科インプラントとレーザー治療は、いままであまり話題として取り上げられなかったです。

歯科レーザーは、インプラント治療に使用する方法は、ないと考えられていたからです。

最近,インプラント治療と歯科レーザー治療のハード面ばかりではなくて、治療技術 面の進歩はめざましく、実は、インプラント治療において、歯科レーザーはかなり有用だと言うことがわかってきました。

では、どう言うところで、歯科レーザーはインプラント治療のなかで、使用できるかというと、 まずは、インプラント周囲炎のときです。

チタンインプラントにおいては、もしインプラント周囲炎がおきれば、インプラントの周囲の粘膜をいちど、めくって、インプラント周囲の感染したりした軟組織を取り除いて、その後 、めくった粘膜をまたもどにもどすことが、治療の基本に あります。

その際の、感染した軟組織を取り除く時に 歯科レーザー治療が有用だといことがわかってきました。正確には、いままで、この方法を行なってきていたインプラント歯科医師は、たくさんいましたが、歯科レーザーの普及とともに、それが、正式に、歯科論文としても出されるようになり、有用性が証明されたということです。

最近、ここ15年ぐらいでしょうか?歯科界では、何かにつけEBMという言葉をうるさく言うようになってきました。このEBMというのはevidence based medicineの略で日本語では、科学的根拠に基づく医療となります。

このEBMは、時々、evidece(証拠、科学的根拠と訳されている部分)が操作されることがあるので、注意深くみないといけないのですが、インプラント治療において、歯科用レーザーを使用することによって、インプラント周囲炎の治療が、EBM的にも確立されたということです。この場合、使用される歯科用レーザーは、Er-YAGレーザー(エルビウムヤグレーザー)です。波長が比較的長めの歯科用レーザーです。波長が短い歯科用レーザーでは、歯槽骨にもダメージを与えるため、歯科用レーザーの中でも、このインプラント周囲炎の治療に使えるには、このEr-YAGレーザーだけです。

また、歯科用レーザーは、インプラント治療において、いったん埋入したインプラントで、顎の骨とくっついた(オッセオインテグレーションした)のが確認できれば、粘膜の下に埋まったインプラントの端の粘膜を切って、口の中に出す時、歯科用レーザーが有用に使用できます。

埋まったインプラントの上の粘膜に、レーザーを当て、インプラントの端を露出させてインプラントを口腔内に出す方法です。この、歯科用レーザーでインプラントの端をだすのは、メスで切ってだすよりも、その後の治りが早くなり、またきれいに治るのがいい点です。