Dr.BLOG山本院長ドクターブログ

インプラント歯科医師に大切なこと

視覚的な立体感覚

富山県高岡市やまもと歯科インプラント室の山本です。

今回は、インプラント歯科治療を行う上で、歯科医師にどんな能力が必要かについてです。

結論的には、歯科医院のチェアーで横になった状態で、どれだけ、その患者さんの顎の骨の形が、インプラント歯科医師の頭で、想像、再現できるかということにつきるとおもいます。

そんなの、レントゲン写真をみたり、CTの画像を見れば、簡単に出来るじゃないかというかもしれませんが、患者さんは、歯ぐきがあり、くちびるがあり、あ少し顎をあげた形で口をあける人もいますし、逆に顎を引いた状態で頭をヘッドレストにつける方もおられます。また、口をあければ、顎の位置も変わりますし、少し横をむくかたもおられましし、インプラントをいれる穴を削っている最中に頭を。うごかす場合もおおいです。

実際の顎の骨の表面の傾斜は、CT画像でみるイメージと角度が違う感覚をするときもあります。インプラント治療に慣れていない歯科医師は、このへんの感覚が、掴めないことが多いと思います。

従って、骨の形の立体的なイメージを持つ能力が、発達してないと、もしくは、慣れていないと、インプラントのために削るドリルの先が、顎の骨からはずれたり、とびだしたり、血管、神経に当たったりします。

これは、元々、空間の中の位置的な感覚が鋭ければ、インプラント歯科医師として、かなり有利です。顎の骨の入れたい場所にインプラントをいれることができるからです。

また、この能力は、トレーニングによってもかなり向上させることができます。

そして、この手助けになるハード面の設備というものが充実していれば、かなり正しい顎の骨の形のイメージを持つのに役に立ちます。

そのハード面の設備の代表が、歯科用CTです。

また、インプラント歯科医師が、インプラントのための穴を削るとき、削りたい場所に必ずしも、穴を削ることができないということがあります。その理由は、骨にの凹凸や、抜歯直後の骨の傾斜などによりドリルの先が顎の骨からすべったり、はじかれるような感覚で、動いてしまうということがあるからです。この場合も、顎の骨にまず垂直に当て、ある程度いったらまたドリルの方向を立て直すことが大切です。

このときもやはり、顎の骨の立体的なイメージをインプラント歯科医師の頭に正しくいれておかないとできないことです。

この能力がインプラント歯科医師にかなり大切なものでり、腕がいいインプラント歯科医師の条件です。。