Dr.BLOG山本院長ドクターブログ

いつまで待てば、インプラントと骨はくっつくか?

埋入したインプラントが骨にくっつくには、どれだけの期間がかかるか?

顎の骨の中に埋入したインプラントが、埋入したその瞬間、強固に骨くっついているわけではありません。そのまま、人工歯をつけて、自分の歯のように、食べ物を噛めば、その日のうちにグラグラになって、近いうちに抜けてしまいます。

普通に噛めるようになるためには、顎の骨と、インプラントが緊密に接触しなければなりません。その緊密というのはどんなことかというのが、問題ですが。それは、光学顕微鏡でみれば、インプラントに骨が、直接接触しているということです。インプラントの埋入の日に、どんなに、タイトにインプラントを顎の骨にいれても、光学顕微鏡でみれば、インプラントと、骨の間には隙間がたくさんあり、スカスカとなっています。この状態から、骨を破壊する細胞と、骨を作る細胞が、インプラントと骨の間に現れ、最終的に、骨を作る細胞が優位になり、インプラントの周りに骨が緊密に作られていきます。

このインプラントのまわりに、骨が作られて、つまり、歯科用語で、オッセオインテグレーションが完了して、人工歯を作るための型がとることができます。

では、このオッセオインテグレーションが完了するのにどれだけの期間がかかるか?

これは、使用するインプラントによってかわりますし、色々な要素、たとえば、骨の元々の密度つまり、骨密度や、残っている骨の量、インプラントを入れる部位、奥歯なのか、前歯なのか、下の顎なのか上の顎なのか、人工骨を使うのか使わないのか、どんな人工骨を使うのかなどによりかわりますが、一般的には、つまり、骨が充分残っていて条件が良い場合は、私の使用しているスプラインインプラント、ストローマンインプラントでは、8週間、ほぼ2ヶ月間です。この2種類のインプラントは、骨とインプラントがくっつく期間が、インプラントのなかでは、かなり早いインプラントで、インプラントと骨との接触率も高いインプラントです。その他の比較すると、インプラントと骨の接触があまり強くないインプラントでは、3~4ヶ月かかるものも、よくあります。

では、その予想されたインプラントと骨がオッセオインテグレーションする期間がすぎても、中々インプラントと骨がくっつかない場合、それは、はたして、待てば、そのインプラントと骨はくっつくのか?これに関しての答えは、くっつく場合もあるし、くっつかない場合もあります。

どんな場合に、くっつくかというと、歯科用CTで見て、つまり、立体的に見て、骨とインプラントの間に隙間がなければ、くっつきます。そのために、インプラントに刺激をあたえたりします。予想された期間までに、くっつかないインプラントは、ごく稀にありますが、その時、その間に待つ期間は、私の経験では、最長6ヶ月です。

どんな場合にくっつかないかというと、歯科用CTでみて、インプラントと骨の間に隙間があれば、100年待っても、くっつきません。むしろ、そのインプラントが、周りの骨を溶かして大変なことになります。

結論、多くの場合は、予想された期間までに、インプラントと骨はくっつきます。

くっつない場合は、多くはありませんが、顎の骨とインプラントの接触が、歯科用CTみて、問題がなければ、待てばくっつきます。

歯科用CTみて、異常があれば、どれだけ待ってもくっつきません。