Dr.BLOG山本院長ドクターブログ

インプラント治療を質的にをかえた周辺機器 その2

歯科用CTが、インプラント治療を、かなり変えたということを、以前話しましが、この歯科用CT以外に、インプラント治療を著しく変えたものがあります。それが、ピエゾサージェリーと呼ばれるものです。

このピエゾサージェリーとは、超音波振動を使って、ダイヤモンドチップ(金属の棒の表面にダイヤモンドの粉をまぶしたもの)を骨にあて骨を切ったり、穴をあけたりする道具です。これだけ聞くと、じゃ、今までと基本的には、同じなのでは、ということになりますが、実は、全然、今までのドリルでけずる時とは、違ってきます。

一番の違いとは、このピエゾサージェリーというものは、カラダの中の硬組織である骨に選択的に作用するという点です。軟組織である神経や、血管(動脈、静脈)を傷つけるということがありません。ドリルで顎の骨を削っている最中に、神経に触れ、神経の損傷や、切断により、知覚の麻痺や、知覚の低下がおこるということがなくなります。例えば、上顎奥歯のインプラント治療のため、サイナスリフトという上顎洞を開けることを行う時、従来ならば、上顎洞を構成する骨の一部を削っている最中に、患者さんによる個人差によって後上歯槽動脈(こうじょうしそうどうみゃく)がはしる位置が違い、場合によっては、その後上歯槽動脈を傷つけて、多くの時間を、その止血のために使わなくては、ならなくなりインプラント埋入どころではなくなりますが、このピエゾサージェリーでおこなうと、この後上歯槽動脈を傷つける可能性が、ほとんどゼロになるため、インプラント治療をスムーズに行うことができるようになります。また、下顎の場合も、骨を削る際に、微妙な状況の時は、まずはこのピエゾサージェリーで行うことによって、神経の損傷、動脈の損傷、かなりの確率で防ぐことができるようになりました。

2番目に来る、このピエゾサージェリーの特徴は、例えば、エッジ状の骨の先端から(起始点として)ドリルで骨にあけようととする時、エッジに あたっているので、エッジの斜面にドリルの先端がすべってしまい、骨にあなをあけ始める起始点にドリルを固定することが出来ず、ただその周辺にドリルのによる傷だけを残し、穴があけれないという結果になる場合がありましたが、ピエゾサージェリーで行うと、そういう切削器具の先が、骨の傾斜により滑って削れないということがなくなります。

3番目には、あまり臨床的には(実際のインプラント治療をおこなうえで)重要なことではないですが、このピエゾサージェリーの開発者が、強く主張していることには、骨の切削時に、ドリルでは、注水をするものの、骨表面の火傷がおおきけれども、ピエゾサージェリーでは、それを小さくできるということです。私は実際のインプラント治療において、その成否に影響を与えるほどの要素ではないとおもっていますが。

 

従って、インプラント治療において、ピエゾサージェリーは、今まで,インプラン治療ができなかった方、できないと言われた方の多くの方にも、インプラント治療を可能にすることができ、大きな変革をもたらした機器です。