インプラント 失敗例 高岡市 やまもと歯科医院インプラント治療部
やまもと歯科インプラント治療部
インプラント無料相談



15分程度の無料インプラント相談

小冊子プレゼント



院長紹介
麻酔医の紹介
インプラントと私
院長山本鉄也のインプラントに対する考え
インプラント体験記
当医院でインプラント治療をされた方の感想
インプラント治療の流れ
インプラント医の略歴
スタッフ紹介
ブログ〜blog

インプラント無料レポート

お問い合わせ




DVDプレゼント

インプラントのことなら富山県高岡市やまもと歯科医院インプラント治療部へ

インプラントをダメにするもの


インプラントの前後の歯に神経をとった歯があり、その根っこのさきの膿
はぎしり、くいしばり
歯科医側のインプラント設計のあまさ
歯科医の技術が未熟
インプラントの長さが短い
歯周病、インプラント周囲炎
メンテナンスをしない

インプラントの前後の歯に神経をとった歯があり、その根っこのさきの膿

歯の神経をとった治療をして、歯にかぶせ物、金属の歯などかぶせた場合、痛みなどの自覚症状がなくても、根っこのさきに、膿が溜まったりすることがあります。その歯が埋めたインプラントの隣にあった場合、その膿がたまっている範囲がインプラント部まで達すると、インプラントにも炎症が起こり、インプラントが抜けてしまうことがあります。

もしインプラントの隣の歯の根っこの先に膿がたまっていたら、その歯をすぐに治療する必要があります。
またインプラントを埋める前に、そういう歯があれば治療する必要があります。

はぎしり、くいしばり
もともと天然歯と同様、インプラントも横に引き倒そうとする「ちから」には大変弱くなっています。
はぎしりは横にギリギリうごく「ちから」がかかりますので、インプラントも横に引き倒されグラついて最後には抜けてしまいます。
こうならないように治療する必要があります。

歯科医側のインプラント設計のあまさ
インプラントの設計に無理があれば、やはりインプラントはすぐにダメになってしまいます。インプラントの位置と人工歯の位置がよくなければ抜けてしまいます。

例えば、左のようにインプラントが2本、人工歯が3本の場合、インプラントはダメになる可能性が高くなります。Cの人工歯でかんだ場合、AとBのインプラントは引き倒されてしまいます。この場合はBの下ではなくCの下にインプラントを入れるべきです。歯科医はこういうことを知ってはいますが、骨の量と自分の技術の関係でついつい左図のような設計をしてしまう場合があります。

最近アメリカや特にヨーロッパなどでインプラントの埋入の本数を極端に減らす方法が脚光を浴びていますが、基本的には白人と日本人(アジア人)の骨の大きさ、形(顎の骨の前後的な長さ)に違いがあり(1mmとか2mmのという違いはインプラントの予後に大きな影響を与える)白人に通用した方法をそのまま日本人に適用するのは危険があり、入念に吟味して設計をしなければなりません。

歯科医の技術が未熟
歯科医の技術が未熟の場合もやはりインプラントは長持ちしません。
思った所にインプラントを埋入できなければ設計がまちがったのと同じ結果になってしまいます。
技術が未熟かどうか見極めるのは一般の患者さんにとってとてもむずかしいことと思いますが、重要な問題です。
目安としては「年間に100本以上の埋入実績があるか?」というのが参考になります。ただ参考にはなりますが例外もあります。すごい本数を埋入していても基本がぜんぜんできていない歯科医も私は知っています。また年間100以下でもすごい技術をもっている歯科医もいると聞いています。

インプラントの長さが短い
これも結局は歯科医側の問題になってしまうかもしれませんが、建築業の人が杭を地面にうった時長ければ抜けにくくなりますが、短い杭だと抜けやすくなります。これは周知の事実です。インプラントも同じです。最近ではインプラントの長さが10mm以上であれば大丈夫だという歯科医もいますが、いろんな研究で長ければ長くもつということは証明されています。
ほとんどのインプラントをする歯科医もそう思っていますが、実際にはかなり短いものが埋入されることが多くあります。結局は技術の未熟さに起因することかもしれません。

歯周病、インプラント周囲炎
インプラントをだめにするインプラント周囲炎を参考にして下さい。

メンテナンスをしない
車でも機械ものでも何でもそうですが、インプラントもやはりメンテナンスをしなければダメになる可能性は高くなります。

インプラント無料メール相談
アクセスマップ
インプラントメニュー
インプラントと静脈内鎮静法(IVS)
抜歯即時インプラント
ピエゾサージェリー(超音波骨形成機)
やまもと歯科医院のインプラント治療理念
歯科用CTスキャン導入しました
ブローネマルクシステム
CSGシステム
2つの最新インプラント治療法
骨が薄い場合の治療
インプラントを長持ちさせる方法
インプラントをダメにするもの
インプラント周囲炎
医療費控除
インプラントvsブリッジsv入れ歯
当院の治療費
痛みを少なくするインプラント
インプラントって大丈夫なの?
医院医院の選び方
本数2
インプラントとは
治療にかかる期間
インプラント、ブリッジ入れ歯、どれにする?
インプラントステップバイステップ
本数と料金
インプラントはこういう人にむいている
Q & A
症例
インプラントができないと言われた人へ
1回法か2回法か
人工歯のセット
インプラント治療で改善されること
1日で噛めるインプラント

即日仮歯インプラント

噛むことと認知症の関係

骨移植(自家骨)、と人工骨、その種類
チタンの時間的劣化現象

患者さんの年齢によって違う治療法

使用インプラント(メーカー)による差
歯周病で歯がなくなったら
MRIとインプラント
治療期間中の仮歯をどうするか
審美性、見た目の自然さを伴った治療
インプラント治療が怖い方へ
非定型口腔顔面痛
下歯槽神経麻痺
インプラント埋入後の段取り
骨粗鬆症の薬(BP製剤)とインプラント治療
インプラントのトラブル、失敗
最近の当院でのインプラント治療
血液をサラサラにする薬とインプラント治療
健康寿命とインプラント
健康寿命延伸とインプラント治療
最短3週間後で歯が入る
インプラントの強度
インプラント周囲炎2
リンク

富山県高岡市能町南3-26-5 
© 2014 やまもと歯科医院