インプラントができないと言われた方

ブロック骨移植

インプラントができないといわれた方の理由は、さまざまですが、その一番の理由は、骨が薄い、とかインプラントをいれるだけの骨が残っていないという場合がほとんどです。それを解決する方法としては「自家骨移植」つまりインプラントを入れる部位以外の体の一部から、骨を移植する方法です。この場合骨はインプラントを入れる部位以外の顎の一部から骨を移植する場合がほとんどです。その部位として下顎の前の部位、下顎の奥の骨から移植が比較的に簡単にできるため、多く行われます。移植ご6ヵ月間まって、そのあとインプラントを埋入すれば、通常通りにインプラントの埋入できます。骨を移植した骨の部位は、時間がたてば、また骨が再生し、もとにもどります。

移植ご6ヵ月間まって、そのあとインプラントを埋入すれば、通常通りにインプラントの埋入できます。骨を移植した骨の部位は、時間がたてば、また骨が再生し、もとにもどります。

利 点
いままでインプラントができないといわれた人でも
インプラント治療をうけることができます。
欠 点
1~2週間ぐらい腫れたりして、不快を感じます。

サイナスリフト

上顎の臼歯部はインプラントを埋入しにくい部位です。理由は上顎の臼歯部のすぐ上に大きな空洞(上顎洞)があるからです。これを解決する方法がサイナスリストです。
インプラントの長さは最も短いもので8mmです。Aの幅が3mmや4mmなど極端に短い場合は、人工骨を入れて埋めればインプラントを入れることができます。

GBR

一般的にGBRは自家骨のブロック移植と比べて、成功率が極端に劣るため、当歯科医院ではあまりお勧めしておりません。

インプラント手術に不安をお持ちの方へ

インプラント手術が、痛いのではないかとご心配の方には、もしご希望があれば、麻酔専門医による静脈内鎮静を行っています。この静脈内鎮静は、マイナートランキライザーの成分である薬剤を点滴により静脈内に入れるもので、術中に意識はありますが、不安を取り除くことができ、快適に安全にインプラント手術を受けていただくことができます。
多数のインプラントを一回で入れるときなどに最適です。