Dr.BLOG山本院長ドクターブログ

奥歯のインプラント治療はどのようなものなの?

富山県高岡市には、古くからインプラント治療を行っているクリニックがあります。治療する歯によって、その施術は異なりますが奥歯の時にはどう違うのでしょうか。奥歯の治療では、一番のデメリットといえば口の奥の歯の治療をするため無理な姿勢になったり、長時間口を開けていることが辛いということです。ですが奥歯というのは、硬いものを噛むときに使う歯でもあります。治療をすることにより、メリットも非常に感じられる歯でもあります。

奥歯の治療は他の歯と比べても大掛かりなものになります。基本的には失った歯と同じ本数のインプラントを埋め込んで、噛む力を分散させるような治療が行われます。この時、あごの骨が薄くなっていると骨を作る手術も必要になるので、場合によっては想像以上に大手術になってしまいます。また治療の時にはCT検査などの精密検査も必要となります。これは上顎洞や下顎管という組織を調べないことには、治療によってそこにある神経を傷つけてしまう可能性があるからです。

医師によっては骨を作る手術は不要と診断することもあります。この場合、どのようなデメリットがあるのかもしっかり確認しておく必要があります。そのため富山県高岡市で奥歯の治療をする時には、場合によってはセカンドオピニオンを受けることも大切です。また埋め込む本数によって治療後の奥歯の噛み心地も変わってきます。どのような治療が必要なのかは、カウンセリングでしっかり相談して納得してから行わなくてはいけません。

オールオン4のメリット・デメリットについて考える

富山県高岡市にはたくさんの歯医者があります。そしてそれらの中には総入れ歯を使用している人に対するインプラント治療であるオ、ールオン4を行っているところがあります。この治療は天然歯が一本もない人で、総入れ歯を使用している人の顎骨に棒状の金属を打ち込み、それに入れ歯のような人工歯をはめ込むという治療です。そのため人工歯は顎骨に固定された金属にしっかりと支えられているために、ぐらつきが抑えられます。また当然のことながら噛む力も通常の入れ歯よりも強いために、ものをしっかりと食べることができます。また歯茎と人工歯の隙間もなくなるために、口内が清潔に保たれるのです。このようにメリットの多いオールオン4ですが、デメリットも存在します。

まずこの治療には大掛かりな手術が必要となります。歯茎の切開や顎骨に金属を打ち込まなければなりません。そのため一般的な入れ歯に比べると体にかかる負担は大きくなります。また金属が固定されるまでには時間がかかるために、この治療が完了するまでの期間も当然長くなります。加えて費用も高く、この点もデメリットの一つと考えることができます。

このようにオールオン4にはメリット、そしてデメリットが存在します。そのためこれらをしっかりと考慮する必要があります。また富山県高岡市では通常のインプラント治療は行っているものの、オールオン4は行っていないという歯医者もありますので、この点も事前にチェックすることが必要です。

総入れ歯を使用している際のインプラント治療、それがオールオン4

富山県高岡市に住む人の中には、歯医者でインプラント治療を受けることを考えておられる人もいます。この治療法に対して多くの人は、失ってしまった天然歯と見栄えも噛む力も変わらない人工歯のことを思い浮かべる人がほとんどでしょう。しかし現在、総入れ歯を使用している人に対するインプラント治療が存在します。それはオールイン4と呼ばれるものです。この治療は顎骨に打ち込まれた金属によって入れ歯を支えることを目的としています。

まず顎骨に4つの金属を埋め込みます。総入れ歯を上下に使用している場合、上顎の骨に4つ、そして下顎の骨に4つの金属が埋め込まれることになります。この金属は棒状をしているために、それらが固定されると4つの金属棒の頭が歯茎から現れることになります。そしてこれらにはめ込むことができる専用の総入れ歯を使用すれば、入れ歯がしっかりと固定されるのです。このオールイン4には様々なメリットがります。まず先にも触れたように、入れ歯がしっかりと固定されるために違和感が軽減されます。また噛む力は普通の入れ歯よりも断然強くなります。加えて入れ歯と歯茎の隙間にものが入り込むことがなくなるために、口内を清潔に保つことが容易になります。

富山県高岡市でもこのオールイン4治療を行っている歯医者はたくさんあります。そのため総入れ歯の違和感やものを上手に噛むことができないという問題を抱えている人は、この治療について考慮することができます。

富山の高岡でインプラント手術する時は麻酔を有能に扱える病院を探すのがマスト!

現在、食事の欧米化によって歯周病や虫歯が原因で永久歯を失う若い人も少なくなく、再び並びが美しい歯を短期間で再現できる最新治療の需要が急激に高まっています。
しかし治療期間中は、自分の歯茎に人工の歯根を入れ込む作業が必要不可欠なので、手術は鋭い痛みなくしては実行できません。

従って富山の高岡でインプラント治療を希望する場合は、高い麻酔技術を持った歯科医師を知人や電話帳の口コミで探し、身体に大きな負担を与えない対策も必要です。
又、良い歯科医師かどうか見極める1つの指標としては、病院の公式ホームページや施設内に日本歯科麻酔学会から正式な資格認定を受けているマークが表示されているかどうか調べてみる方法もあります。
更に麻酔の種類が豊富な歯科医院でしたら、個々の体質や手術時間によって最も合う注射が見つかりやすく、手術が更に円滑に進みます。
ちなみに富山の高岡のインプラント治療でメイン採用されている麻酔は、静脈内に鎮静作用がある薬剤を点滴する方法です。

局部麻酔や笑気ガスも歯科治療ではよく利用されますが、静脈内点滴より無痛でいられる時間が少ないのがネックになります。
尚且つ、親知らずの抜歯や義歯を埋め込む施術に対しては、効き目がやや弱いデメリットがあるので、快適な治療を優先するなら静脈内点滴による鎮静法で痛みを和らげるのが望ましいです。
ただ歯の外科手術した直後は、抜歯する期間まで人によっては2,3回程度痛みが襲ってくる副作用もあるので、日常生活に支障を及ぼしたくない時は、座薬の処方も医師に打診してみましょう。

サイナスリフトに関して

インプラント手術をしたいと考えている方も多いと思いますが、そのインプラント手術をするための前段階として、サイナスリフトという手術を行うケースもあります。サイナスリフトは上顎洞挙上術のことで、簡単に言えば骨の移植、再生手術のことを言います。多くの歯を失ってしまったという場合、骨の厚みが少ないときに行う手術方法です。3ヶ月~6ヶ月ほど骨が安定するまで待ち、その後に本格的に治療を進めていくことになります。

富山県だと高岡市に数多くの歯医者がありますが、その中でもあなたが通いやすい歯医者にし、安心して治療を進めていける場所を探してください。もちろん、富山に住んでいる方ではない場合でも治療はできますし、近くに良いクリニックが見当たらないという場合には高岡市で歯医者を見つけてみるのも良いかもしれません。大切な歯ですが、特にスポーツをしている方や一時的に強い力で歯を食いしばることが多いという方であれば、それだけ歯をすり減らすこともあるでしょうから、一度診察を受けてみるのもいいのではないでしょうか。サイナスリフトは歯を複数本失ってしまった方、骨が薄くなってしまったという方のための治療方法なので、そのことで悩んでいる方々でしたら、サイナスリフトを検討してみてはいかがでしょう。

リスクなども考えられるためにそう簡単には決められないと思いますが、歯をつくる・甦らせることはとても大切なので、サイナスリフトも視野に入れてみるのも悪くはないはずです。

インプラント治療の適正価格について

インプラント治療と聞くとすごく高額なイメージを持つ人が多いですが、
実際にそういうものかというと、そうでもないです。

確かに歯科医院によっては高額な料金を請求してくる歯科医院もあります。
ですが、実際にインプラント治療を受ける事になるとどこの歯科医院で治療を受けるかで
かなり価格に差が出てきます。

それはその歯科医院がどれだけ歯科医院の維持費を費やしているかでも変わってきます。
なので、中には格安を謳っているような歯科医院も存在します。

そうなると多くの人はできるだけ安い費用で治療を受けようとするので
安い歯科医院で治療を受けようとしますが、安易に安い歯科医院で治療を受けない方が
良いい場合もあります。

なぜなら、それだけ高いイメージがある治療法であるものが安い費用でできるという話になれば何かを無理して激安価格で提供している事があるからです。

そこで大事になってくるのが適正価格の把握です。大体一般的に掛かる費用が30万円から40万円くらいだと言われているのでこの価格を基準にしてどこの歯科医院で治療を受けるか決めると良いです。

富山県の高岡市にある歯科医院には価格を公表している所もあります。
この富山県の高岡市にある歯科医院のように価格を公表している歯科医院を探して
どれだけの価格で治療しているかを確認した上でどこの歯科医院で治療をするか
決めるのが良いです。

それで高すぎる事もなく安すぎる事もなくちゃんとした治療を受ける事が可能になります。

安全ではあるものの、心得ておくべきこともあるインプラント治療

富山県の高岡市には、インプラント治療を行ってくれる歯科医院がたくさんあります。しかしこの治療は虫歯の治療や入れ歯の作成などに比べると大掛かりなものであるために、その安全性について疑問を感じる人もいます。
この治療はフィクスチャーと呼ばれる人工歯根を顎骨に結合させ、その上に人工歯を取り付けるというものです。そしてフィクスチャーには顎骨に結合する素材であるチタンが用いられますが、この素材自体も強度のあるものですので、結合後に壊れてしまうという心配は無用です。またチタンはアレルギーを引き起こしにくい素材でもあるために、この点も安心できます。加えて適切なメンテナンスを行っていれば天然歯と変わらない状態をキープできるために、メリットが多く安全な治療であるといえます。しかし全くリスクがないというわけではありません。
この治療には大きな手術が必要となります。まず歯茎を切開しなければなりませんし、その後顎骨に穴を開けてフィクスチャーを埋め込まなければなりません。こうした状況により、富山県の高岡市をはじめとする歯医者の中には体力のない人や高齢の人に対して、インプラント治療を行わないことがあります。また施術後に適切なメンテナンスを行わないなら問題が生じることになり、場合によっては周辺の天然歯を失うことにもなりかねません。そのため施術が終わった後のメンテナンスもこの治療の安全性に大きく関係してくるために、しっかりと行うようにするべきです。

保険適用のケースもあるインプラント治療の条件

通常インプラント治療を受ける場合には自由診療となり、歯1本当たりには30万円から50万円前後の治療費がかかります。それが2012年の4月から国が定める一定の症例に限り、保険適用されることになりました。腫瘍などで治療のために顎の骨を切ることになる病気にかかった場合、外傷によって顎の骨が損傷、欠損してしまった場合、そして先天性の疾患で顎の骨が3分の1以上欠けてしまっている場合などで、入れ歯治療やブリッジによる治療が困難だと診断された際に適用となります。いずれの場合も富山県の高岡にお住まいのかたは一度近くの歯科医院で診察を受けて自身がこれらの症例に当てはまるか判断してもらうのがおすすめです。

また、富山県高岡にあるどの歯科医院でも保険適用される治療が受けられるわけではありません。入院施設があり病床が20以上ある病院で、かつ常勤歯科医が2名以上配置されている歯科もしくは口腔外科、その歯科医が歯科や口腔外科で5年以上治療経験を有していること、インプラント義歯の治療の経験も3年以上あること、病院の当直体制が整えられていること、そして国が指定する医薬品や医療機器が整備されていることなど細かい条件があります。

個人経営の一般的な歯科医院ではなく、これらの必要要件が整っているのは多くの場合歯科大学病院ということになりますが、まずは足を運びやすいかかりつけの医院で診察を受けて判断を仰ぐのが賢明です。場合によっては保険適用の治療が受けられる病院を紹介してもらえます。

差し歯とインプラントの違い

差し歯は、虫歯などで削った歯を土台とし、その上に被せ物をする治療法のことを指します。差し歯でメリットとなるのは、土台として自分の歯を残せるということになります。富山県高岡市の歯医者でも、昔から現在まで一般的な治療法として多くの方に利用されており、一ヶ月もかからずに比較的短期間で治療を完成させられることがメリットです。差し歯による治療を行う場合には、保険を適用することも可能であることから、費用を抑えて入れ歯を作れることも魅力的です。治療法によっては見た目も良く、自前の歯と大差の無いクオリティに仕上げることもできますが、金属を使用した治療を施すことも多いため、金属アレルギーや変色などのリスクを考慮しなければならないというデメリットがあります。

一方のインプラントは、自前の歯を残すことなくすべて除去し、剥き出しになった歯茎にネジのような土台を埋め込んで、その上に歯を被せる治療法です。しっかりと固定する治療法であることから、差し歯と違い外れてしまうリスクがありません。安定することから硬い食べ物も噛みやすく、入れ歯治療を行ったことによる違和感を最小限に抑えられることもメリットと言えます。見た目としても自然な仕上がりになることから利点ばかりが浮かび、富山県高岡市でもインプラント治療を希望する患者さんが増えていますが、保険を適用することができないため、差し歯と比較して治療費が高くなる可能性が高いことがデメリットです。

インプラントも普通の歯と同様に歯周病に注意が必要

インプラントの治療を受けた人は、見た目を気にする必要がなくなり、また噛む機能も取り戻せるためメリットがたくさんあります。しかし、その後に注意することもありますのでご紹介します。富山や高岡の歯科医院で治療を受けた人も、知っておきたい注意点として頭に入れておきましょう。
自分の歯の場合、歯磨きなどの日頃の手入れを怠ってしまうと歯周病のリスクがあります。歯と歯茎の間に食べ物のカスなどが残っていると、それが原因で歯垢や歯石が溜まり、歯茎の炎症が起こって歯周病になります。出血したり歯茎が腫れたりする症状が現れ、進行すると歯を支えている歯槽骨まで影響して歯がぐらつき始め、最終的には歯が抜けてしまいます。
インプラントの場合も歯周病と同様に、周囲炎になります。人工の歯であるため虫歯にはなりませんが、歯茎と人工の歯根の間に汚れが溜まると、歯肉炎と同じように歯茎の炎症が起こるのです。そのためその症状が進行すると、歯茎の腫れや出血の症状が出て、さらに進行すれば歯のぐらつきに繋がるのです。せっかく手術までして人工の歯を埋め込んでも、そのような状態になってしまったら抜けてしまうのです。
以上のようなことから、自分の歯と同様に日々のお手入れが大切になってきます。食後の歯磨きを必ず行い、周囲炎にならないように注意していきましょう。また富山や高岡の歯科医院で定期的に検診を行って、早目のチェックやプロによる歯の掃除を受けるようにしていきましょう。

インプラント治療の流れ

カウンセリング

インプラント治療の説明を行い、患者さんのご要望をお聞きします。

 

 

診査 口の内の検査、レントゲン検査、診断用の模型を作るための型をとります。

 

 

診断、治療計画 インプラントを埋める場所、本数、長さを決めます。 治療の期間、費用などについて説明します。

 

 

インプラント手術 一回法、二回法(一次手術、二次手術)

 

 

噛み合わせ、歯ぐきの状態の確認

 

 

人工歯のセット

セメント合着、スクリュー固定

 

 

メインテナンス インプラントを入れていても、入れてなくても口の内のケアは大切ですが、インプラント治療は、特に他の治療に比べると高額になることが多いいため一生使うのを目標としますので、定期的な歯のクリーニングが必要となります。

インプラント体験記⑤

高岡市/女性36歳

私は幼いときから、むし歯が多く20代半ばのときに左下の奥から2番目の歯がなくなってしまいました。育児などで忙しかった事もあってそのまま抜けたままにしていました。

やがて4~5年たった頃抜けた隙間を埋めるかのように隣の歯が、傾いてしまいこのままではいけないどうにかしなければ・・・と思案している時に新しい治療法インプラントを知りました。その頃は今ほどインプラントを入れている人がいませんでしたので少し怖いという思いがありましたが、手術中は以前治療した下の親知らずの抜歯の時とくらべても、手術時間は短かったですし、その上痛みもまったくありませんでした。そのうちに恐怖感も次第になくなり安心して治療を受けることができました。手術後は痛みも腫れもなく、快調そのものでした。インプラントをいれた当時はほんの少し変な感じがありましたが、3年たった現在は変な感じはぜんぜんなくなり、自分の歯のように噛めます。もちろんインプラントをいれた当初から自分の歯のように噛めました。というわけで私のインプラント物語はHAPPY.ENDで幕を閉じたのでした。

インプラント体験記⑦

高岡市/男性63歳

好物のタクアン。インプラントで噛めば、

味が出て、食が進む。

 

前歯でガッチリ。

スイカは、ガブリ。食は楽し。

 

抜けた前歯、手でかくし。

今は、人前も、話も、はずむ。

インプラント体験記⑥

氷見市/女性66歳

 

歯槽膿漏で歯がだんだん抜けてきて、入れ歯を入れましたが、口の中がいつも乾燥しているせいかなかなか慣れるのに時間がかかり大変な思いをしました。

ある日、待合室の中にあったポスターでインプラントを知り、一大決心をしてインプラントを入れることにしました。内科にも通っていましたので不安で一杯でしたが、

 

 

想像していたよりも、簡単に終わりました。インプラントを入れて食べ物を噛めるようになりいつも口の中が乾燥していた状態からつばがよく出るようになり、毎日食べるのが楽しみです。

本当にありがとうございました。

インプラント体験記⑤

先生の技術を信じて安心してまかせました

インプラント治療を受けようと思ったきっかけは、歯はお金には替えられない大切なものだと思ったからです。

インプラント治療後、これからは歯を大切にしていこうと自分に言い聞かせ、毎日念入りに歯を磨くようになりました。

先生の治療は最新の技術導入なので、安心してまかせられました。歯医者さんはたくさんありますが、治療してもらう側としては最先端でスピーディな対応をこれからも期待します。ありがとうございました。

 

 

 

インプラント体験記③

予防ケアの大切さを実感しました

 

治療後の自己ケアが簡単な方がいいので、インプラント治療を受けました。

歯周病だったので、年々歯の隙間が大きくなっていたので、口を開けることに抵抗感がありましたが、その点も矯正していただきました。インプラント治療後の装着感ですが、思っていたより違和感はありませんでした。

丁寧に治療をしていただきましたので、不安が徐々に解決されていきました。

また通院しているうちに、治療しなくてもいいように、予防ケアが大切であることを実感しました。

インプラント体験記①

人前で歯を気にしなくてもよくなった

 

物を食べるとき都合が悪かったのと、見た目も悪かったためインプラント治療を受けようと思いました。

治療後、いろいろなものが食べれるようになり、人前でも歯を気にしなくてもよくなりました。

治療を通して歯の大切さがよくわかりましたので、今後も定期的に検診を受けていきたいです。

先生方が親切で安心して治療を受けることができました。

インプラントをしてよかったです。

下歯槽神経麻痺

下顎の歯 歯槽骨 骨 の治療、特に外科的治療の際に、最も多い偶発症として下歯槽神経麻痺があります。

下歯槽神経麻痺は下唇やその下の皮膚の知覚の異常で、しびれたり、麻痺した感覚です。

 

下歯槽神経は、下顎骨のずっと下方を通る神経の線維で、歯が口の中に出ている場合、通常、その根っこのさきからずっと下の骨の中を走ります。 その場合は通常は何の問題ににもなりませんが、口の中の一番おくの完全には口の中にはでておらず、粘膜が半分かぶったり、一部しか口の中にでていない場合の親知らずは、かなり下歯槽神経と接近しています。

 

 

日本人の場合は下歯槽神経と親知らずの先との距離は、平均は2.7ミリしかありません。

 

個人によっては、親知らずの先端が下歯槽神経に接触していたり、また神経のなかにはまりこんでいる場合があります。

 

そういう場合その親知らずを抜歯すれば、神経の線維がちぎれてしまい、下唇部やその下の皮膚 口角部が麻痺してしまう下歯槽神経麻痺をおこしてしまいます。

 

またこの下歯槽神経麻痺は抜歯の時だけおきるのではなく、場合によっては、根っこの治療の時、腫瘍やのう胞の摘出の時、外科的矯正治療の時、インプラント治療の時にもおこり得ます。

 

インプラント治療の際は、下顎の奥にインプラントを埋入するときに、歯を失う前の段階で、骨が著しく吸収してしまい、その治療としてインプラントを埋入する時におこる可能性があります。

 

これを防ぐ一番の方法は歯科用CTによる画像診断をおこなうことです。

 

歯科用CTは高額なため、まだまだ、一般歯科医院には普及しているとは、言い難いですがこれを防ぐ一番いい方法であることは間違いありません。 歯科用CTを撮れば骨と下歯槽神経との立体的関係が拡大率を一定してイメージできます。

 

平面的で拡大率が写真の中の部位によって違う通常のレントゲン写真では、得られない情報をえることができます。

 

 

従って、下顎にインプラントを埋入する際には、CT検査は不可欠です。

 

下歯槽神経麻痺がおこった場合の治療法 いったん下歯槽神経麻痺がおこった時は、神経縫合、神経移植、薬物療法、温罨法などの理学療法があります。

 

最近では、星状神経節ブロック(SGB)の有用性が再確認され、大学歯学部附属病院では、よくおこなわれています。

インプラント用CTスキャン導入しました

インプラント用CTの特徴

 

 

・従来のレントゲン写真だけでは、平面的な骨の高さしか分からなかったが、CT装置により、3次元的骨の厚さ幅もわかるようになり、より安全で確実なインプラント治療ができるようになる。

 

・従来法では、だめになった歯を抜いてからインプラントをいれるのに2~4ヶ月間、骨が回復するのに時間が必要であったが、CTにより3次元的な歯、骨の位地がインプラント手術の前に正確に把握できるため歯を抜くのと同時にインプラントを埋入できる可能性が格段にあがる。

 

・歯、骨の位置が正確にわかるので、従来の、粘膜を切って、剥がして骨の位置をたしかめたうえでインプラントを埋入する必要がなく、そのまま、インプラントをいれる位置をCT上でピンポイント埋入の計画をたてインプラント手術ができる可能性が高くなる。したがって、最小限のからだへのダメージ(侵襲)でできるため、腫れたり、痛みを最小限におさえることができる。

 

・歯科用CTは医科用CTとくらべると、被爆線量が、文字どおり、ケタ違いで少ない。当歯科医院のCTは、その歯科用CTの中でも私の知る限り被ばく線量が一番小さい。

 

・CTをとることが必要な場合でも、わざわざ、大きな病院に行き医科用CTをとりにいく必要がない。

ブローネマルクインプラントシステム

利点

 

①コンピューターで設計し、インプラントの位置をガイドするので切開しなくてもよく、腫れにくい、痛みがおきにくい。

②低ダメージ、低侵襲、 GBRや骨移植、サイナスリフトを避け、骨のあるところにインプラントをいれるので大がかりな外科手術をしない 歯が1本もない状態の顎に4~8本の少ない本数のインプラントをいれるので経済的、比較的に低費用でおさえることができる。

③インプラント手術をした、その日に固定式の仮歯をいれることができる。 審美的である。

 

欠点

 

①コンピューターガイドなので、歯科医の腕のみせどころが少ない。どんな熟練したインプラント医が計画通りの位置にインプラントを入れようとするより、コンピューターガイドシステムを使ったほうが誤差が少なく正確な位置にインプラントが入る。

②すべての人にこの方法を使用できるわけではない。70パーセントの上下いずれかの、まったく歯がない人にしか使用できない。

③上顎の場合インプラント埋入途中に従来のインプラント埋入法に変更しなければならない場合が時々ある